履歴

自動車業界で経営幹部として30年以上活躍しているユルゲン・クナイスラー氏(Jürgen Kneissler)がKGC社をヴァレドパライバ地方でジャカレイ市に2008年5月に創立し、2009年にグァラレマ市に本社を移転し、現在に至る。

クナイスラー氏は多国生活で活躍しているため、ブラジル市場で乗り越えるべきハードルも良く考慮し、特に外資系企業がブラジル市場で進出する場合、現地に支社を開設する時には多くの複雑な課題が懸念となることを配慮し、例えば市場調査や評価、情報や透明性が不足、過大な官僚制、その他に文化の違いによって発生する問題等、解決すべき問題が発生する可能性もある。

世界大手の独系サンルーフメーカーWebasto社に市場調査及び探客業務を開始。同独系企業のビジネス検討は1年間経た後、巨大な潜在ニーズを掘り起こした。従って、早速に重要な成果を達成:2009年9月にフォルクスワーゲンはブラジルでFoxにWebastoのサンルーフで装備し始めた。

これらの成果により、KGCは南米市場開拓をサポートする原動力となり、全世界の顧客を獲得した。2009年末にKGCは韓国の乗用車内装システムのサプライヤーであるDKグループへのサポートを開始。同パートナーシップの成果の影響は現地に限らず、新規顧客も獲得され、全世界で展開される新規プロジェクトに参入した。

2011年にマイルストーンを達した:新規顧客との現地活動を拡大するために日系企業の対応を開始し、戦略的なコンサルティングの提供を開始した。同事業については2014年から数億レアルの投資が見込まれている。

KGCが提供するソリューションの需要の拡大に対応するために複数の重要な市場に支社を開設し、2011年にコロンビア市場を対応するために同国に代理店を開設した。2012年3月にミナスジェライス州の企業等、特にFiatへ現地サポートを開始。また、2012年5月にFordを対応するためにバイア州に支社を開設。2013年2月にアルゼンチン市場を対応するためにブエノスアイレスに支社を開設。

タイムライン

  • 2008

    • サンパウロ州ジャカレイ市に事業開始。
    • 自動車サンルーフシステムを提供する独系企業Webastoに対してサンルーフを対象とする市場調査を開始。
    • 航空業界における多数供給者を評価し、伊系Demaに対してM&Aの実現可能性調査を実施。
  • 2009

    • サンパウロ州グァラレマ市に本社を移転し、現在に至る。グァラレマ市は洒落た小さい都市であり、サンパウロ市とグァルリョス国際空港へのアクセスも改良され、来白のお客様には便利で安全、閑静な場所である。
    • 独系サンルーフメーカーWebastoの正規代理店として事業を開始。南米市場調査の結果により、潜在ニーズを掘り起こし、事業展開の業務を開始。
    • 同年9月、フォルクスワーゲンはWebastoサンルーフをFoxに装備。
    • 自動車メーカーに内装システムを供給する韓国系企業DKグループへの対応を開始。
  • 2010

    • 0月にFiatがWebastoパノラミックサンルーフをBravoに装備。
    • 同業界でのシステム業者が非常に少数のため、トラックや建設用機器、農業用機器の内装に必要な高品質部品の需要が拡大し、KGCは米国企業をブラジルへ導入する。
  • 2011

    • 2月にプジョーは408モデルにWebastoサンルーフをオプションとして装備。
    • コロンビアで現地企業対応のために支社開設。
    • 大手日系企業への戦略的コンサルティングを開始。
  • 2012

    • フィアットはPalioやGrand SienaをWebasto製パノラミックサンルーフ装備し、本製品はブラジル市場で販売されるために開発された初製品です。
    • フィアットから始め、ミナス州企業に対応するために現地支社開設。
    • フォードを専用的に対応するためにEcoSportモデルのグローバルプロジェクト開発の促進により、バイア州に支社を開設し、中国や欧米における開発センターとのインターフェースの役割を果たした。
  • 2013

    • アルゼンチン市場対応のためにブエノスアイレスに支社開設。
    • シトロエンはC4 LoungeにWebasto製サンルーフを装備する。
    • 多数の欧州自動車部品メーカーがKGCのサービスを利用し始める。
    • KGCはパラグアイ市場で投資するチャンスを発見し、同国の政府機関による幹部との交渉により、同事業のコミュニケーション及び成功に貢献した。